中国版ニコニコ動画「bilibili(ビリビリ)」の本社を直撃!

中国版ニコニコ動画!?

中国で若い世代から大人気の動画サービス「bilibili(ビリビリ)」の本社で話を聞いてきました!

bilibiliとは

日本の「ニコニコ動画」ととてもよく似た動画サービス。動画、アニメ、ドキュメンタリーなど、ジャンルは様々。現在、動画の数はおよそ200万。

中国では、YouTubeのような圧倒的シェアの動画サービスはなく、複数の動画サービスが共存しているような状況です。その中でもbilibiliは独自の路線でサービスを伸ばしてきました。

2009年6月にサービス開始し、2012年からスマホ版も提供開始。

ニコニコ動画のように、「弾幕」と呼ばれる画面上にコメントを表示する機能も持っています。

bilibiliユーザの多くは、中国の24歳以下の若者で、Z世代(1990年代後半~2000年生まれ)の層に当たります。

中国のZ世代は、以下のような特徴を持っています。

  • 教育にお金をかけられている
  • 生まれた時からネット環境だった
  • 自分を表現することに積極的
  • 娯楽に対してお金を積極的に使う世代

最近はコスプレイベントから展覧会まで、リアルへの出展も増えています。

Q&A

Q.日本に住んでいても、bilibiliに動画投稿できますか?

日本に住んでいたとしても、bilibiliにユーザ登録すれば、動画投稿できます。最近、日本にもbilibiliの拠点ができたため、今後日本で活動が積極的になっていくようです。日本のYouTuberや芸能人を呼んでイベント開催なども行われています。

Q.動画が違法アップロードされているイメージがありますが、視聴して大丈夫ですか?

最近、bilibiliは日本のアニメの版権をかなり買っていて、日本のテレビ局のお得意様になっています。正規ルートでアップロードされたアニメなどもたくさんあります。

bilibili本社の様子

建物の前にはbilibiliマスコットキャラの「テレビくん」がズラー。

ちなみに、ニコニコ動画のマスコットキャラは以下の「ニコニコテレビちゃん」です。うーむ、さすが中国(笑)

建物に入ってすぐ、巨大なガンダム?が登場します。

bilibiliキャラが迎えてくれるユニークな受付。

本社に出社してくる社員も皆若かったです。

コスプレしたまま出社する社員も複数見られ、今日は何かのイベントがあるの?と尋ねたところ、普段からコスプレで出社してそのまま仕事をやっているそうです。日本では考えられないw

社内も若いIT企業という感じで、自由な雰囲気でした。自分の机の上で本物の犬や猫を飼っている社員には驚きました。ほんとに自由!

仕事場を通っても嫌な顔をされることもなく、とても好印象でした。

そしてなんと、お土産までいただきました!bilibiliクッションがいい感じ。

中国系動画サービス「bilibili」に今後も要注目!

おまけ

bilibili本社に併設されているローソンが、bilibili仕様で面白い!

bilibiliグッズが売っていたり、階段を昇るとイートインスペースもあったので、近くまで行ったらぜひ立ち寄ってみてください〜(場所は上海)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする