仮想通貨FXは、100%追証なしの取引所「BitMEX」を使おう!

FX(証拠金取引)と聞いて、何を思い浮かべますか?

大きな損失を出してしまう、リスクが高いというイメージの方がほとんどでしょう。

仮想通貨にもFXがありますが、守るべきところを守ってやれば、危ないものではなく、明らかなメリットがあります。

特に、2018年のような、全体的に相場が下落傾向にある時に利益を出そうと思えば、FXは必須になります。

こちらから登録すれば、6ヶ月間手数料が10%割引となります。

BitMEXの取引所はこちら

仮想通貨FX(証拠金取引)とは

仮想通貨でもFXのように証拠金を使った取引が可能です。

FXとは、Foreign Exchange(外国為替証拠金取引)の略。

厳密に言うと違ったりしますが、わかりやすいため、仮想通貨FXとか、ビットコインFXという言い方で定着しています。

現物取引では、実際にコインを買って、それを保有しますが、

証拠金取引の場合、「取引の最終的な結果部分だけ、資金を動かす」という仕組みになります。

例えば、1BTC=70万円の時に1BTCを買って、1BTC=100万円の時に1BTCを売ったとします。

現物取引であれば、1BTC=70万円の時に1BTCを買った段階でお金を払う必要がありますが、証拠金取引では払いません。

結果として出た、100万円-70万円=+30万円の利益だけが、残高に反映されます。

このような「取引した現物を動かすことなく、結果だけ残高に反映される」仕組みを「差金決済」と言い、仮想通貨FX以外にも、通常のFX、先物取引など他の信用取引でも使われています。

メリット

通常の仮想通貨の現物取引と比べて、仮想通貨FXのメリットと言えるものは、以下の2つです。

  1. 「売り」からも取引ができる
  2. 自己資金よりも大きな額の取引ができる

1.

「先に売って取引を開始し、買い戻すことによってトレードする」という方法です。

売った後に価格が下がれば得をし、価格が上がれば損をします。

通常の現物取引では、まずは買うところからスタートしますよね?

FX(証拠金取引)の場合、買うところからも売るところからもスタートができ、相場が上昇トレンドの時も下降トレンドの時もどちらも利益を得ることができるというのがポイントです。

2.

「レバレッジ取引」と言います。

レバレッジとは、「てこ」の意で、

レバレッジ取引では、日本円を証拠金にして、ロング(買い)ショート(売り)をすることができます。

レバレッジが大きくなればなるほど、利益も損失も大きくなるというのがポイントです。

例えば、ビットコイン=70万円の時に、70万円の証拠金(1BTC分)でロング(買い)して、ビットコイン=100万円の時にショート(売り)をした場合の利益は、以下のようになります。

  • レバレッジ1倍:100万円ー70万円=30万円
  • レバレッジ2倍:(100万円ー70万円)×2=60万円
  • レバレッジ10倍:(100万円ー70万円)×10=300万円

逆に、売りから入る場合、ビットコイン=70万円の時に、70万円の証拠金(1BTC分)でショート(売り)して、ビットコイン=50万円の時にロング(買い)をした場合の利益は、以下のようになります。

  • レバレッジ1倍:70万円ー50万円=20万円
  • レバレッジ2倍:(70万円ー50万円)×2=40万円
  • レバレッジ10倍:(70万円ー50万円)×10=200万円

逆の値動きをして損失が出た場合も、同様に損失額が◯倍になるので、気をつけてください。

デメリット

メリットとデメリットは表裏一体です。

  • 予想した通りの値動きをするとは限らない
  • レバレッジが大きければ、損失が出た時も大きい
  • ポジションを持っていると、昼夜関係なく絶えず気になってしまう

仕事でしばらく見れない時であったり、寝る前などには一度約定させて、ポジションを持たない状態にするという手法も有効です。

特に、価格が下落する速度は、価格が上昇する速度よりも3倍速いとも言われるため、油断してロングポジションのまま寝る(通称:寝ロング)は危険です!

ロスカットとは

各取引所の設定する一定の割合まで含み損が確定した場合に、強制的に取引決済が行われるシステムです。

この仕組みが導入されている理由としては、元の資産以上に損益を負ってしまうことを防ぐためであり、ユーザを過剰な損益から守る役目をしています。

しかし、場合によっては厄介です。

もう少し待っていたら価格が戻っていたという場合でも、ロスカットのラインに引っかかって、損失が確定してしまうことがあります。

取引所によって、またレバレッジによって、ロスカットが発動するタイミングが違うため、事前にチェックが必要になります。

レバレッジが高いとロスカットになりやすく、すぐに損失を出してしまうため、レバレッジは低め(推奨は1~2倍)にするというのを初心者は徹底してください。

証拠金維持率とは

取引を行なっている金額に対する含み益または含み損と証拠金の合計の割合のことです。

損失価格が証拠金の一定額以上になってしまった(証拠金維持率を割った)場合、強制ロスカットとなり自身の意思を問わずに取引は強制終了となります。

ビットコインFXで証拠金維持率何%で追証(おいしょう)やロスカットが発動するのかは取引所ごとに異なります。

たとえば、証拠金維持率80%の場合、ポジションを取った後の価格変動により、証拠金維持率が80%を下回るとロスカットや追証が発生することになります。

追加証拠金(追証)とは

含み損が取引所の設定する一定値を超えた場合に、取引を継続させるために必要となるお金(追加請求される証拠金)のことです。

よくある、FXで巨額の損失を出したというのは、この追証のせいです。

追証がある取引所

→BitFlyer, BitPoint, DMMビットコイン, GMOコインetc

国内の取引所はほぼ全て、借金をしてしまう可能性があります。

逆に、追証がない取引所であれば、どれだけ損失を出しても、ゼロよりマイナスになる(借金をする)ことはありません

そんな中、追証が絶対にない取引所が、BitMEXになります。

BitMEXは注文も通りやすいため(サーバーが強い)、注文が殺到している時でもしっかり約定しやすく、仮想通貨FXをやるなら断然オススメです。

また、世界中の全ての取引所の中で、ビットコインの取引量ではダントツのNo.1です。

BitMEXの登録

こちらから登録すれば、6ヶ月間手数料が10%割引となります。

BitMEXの取引所はこちら

右上の「ゲスト」のところをクリックし、「登録」をクリック。

すると、以下のような画面になります。

Eメール、パスワード、名前等を入力し、「登録」をクリックすると、BitMEXからメールが届きますので、記載されているURLをクリックすれば、登録完了になります。

BitMEXの操作

BitMEXの登録が終わったら、実際にトレードできるようにしていきましょう。

送金

BitMEXでトレードをするためには、Bitcoin(BTC)をBitMEXに送金する必要があります。

トップ画面で「アカウント」を選択すると、以下のような画面になります。

「入金」を選択すると、BitMEXのビットコインアドレスが表示されるため、他の取引所からそのアドレス宛にビットコインを送金しましょう。

売買

ビットコインを送金したら、FXトレードを開始しましょう。

下図の①の箇所に、「数量(単位:ドル)」「指値(単位:ドル)」を入力し、「買い/ロング」または「売り/ショート」のボタンを押しましょう。

その時に、注意すべきポイントが2つあります!

上図の②、「Post-Only」の箇所にチェックをつけるかどうか選択します。

Post-Onlyにチェックをつけた場合のメリデメは以下になります。

  • メリット:売買の手数料がかからない
  • デメリット:取引板に並んでいる価格以外で注文しなければならない(すぐに約定させたい時には不向き

状況によって、チェックをつけるかどうか、判断しましょう。

次に上図の③、こちらでレバレッジの倍率を選びます

注意すべきは、初期設定で「クロス」になっていますが、クロスとは”クロスマージン”のことで、全ての所持金を使って、かけられる最大のレバレッジ(100倍)で取引を行うことを指しています。恐ろしいですね…

こちらを「1x(1倍)」または「2x(2倍)」に変更しましょう。

上図①の「買い/ロング」または「売り/ショート」のボタンを押すと、下図のような画面になります。

注文内容が正しいか確認(特にレバレッジの倍率)して、「買い」または「売り」を押すと注文が完了します。

まとめ

仮想通貨FXをやる時、初心者の方は特に以下の2点を必ず守ってください。

  • レバレッジは低め(2倍以下を推奨)
  • 追証がない取引所(BitMEX)を使う

この2つを守っていれば少なくとも借金することはなく、すぐ退場ということにもならないので、欲張りすぎず、着実に利益を増やしていきましょう!

BitMEXの取引所はこちら

仮想通貨FXで利益を得るために大切なことについて

「仮想通貨FXで勝てません!」 「私が注文すると、いつも必ず逆の値動きをしてしまいます…」 そんなトレード初心者の方向けに、仮想...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする