三尊、逆三尊?ヘッドアンドショルダーとの違いは? 〜仮想通貨のチャート分析〜

今回は「三尊天井」と「逆三尊」について!

ヘッドアンドショルダー(三尊天井)とは

「ヘッドアンドショルダー」は、とても有名なチャートパターンです。別名で、「三尊天井(三尊)」とも呼ばれます。

上昇トレンドの最中にこの形があらわれた場合、上昇トレンドが終わって、下降トレンドへ転換する可能性を示しています。

「ヘッドアンドショルダー」という名前は、中央の最高値の「頭(ヘッド)」と両脇の高値の「肩(ショルダー)」からきています。

また、「三尊天井」の名前の由来は、兵庫県小野市にある小野浄土寺というお寺にまつられた「阿弥陀三尊像」がモデルです。中央に大きな如来像があり、その両脇には菩薩像が並んでいて、三体が並ぶ姿がそっくりです。

実際の例を見てみましょう。

以下の例では、上昇トレンドの最中に「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」が現れ、3つ目の山の後に大きく下落しています。

(※山の形を見る時には大らかに見ることが重要)

BTC_JPY、2017年11月頃、4時間足

ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)とは

「ヘッドアンドショルダーボトム(別名:逆三尊)」とは、「ヘッドアンドショルダー(別名:三尊天井)」の逆の形です。

下降トレンドの最中にこの形があらわれた場合、下降トレンドが終わって、上昇トレンドへ転換する可能性を示しています。

実際の例を見てみましょう。

以下の例では、下降トレンドの最中に「ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)」が現れ、3つ目の谷の後に大きく上昇しています。

(※途中で細かい上下がありますが、大らかに見てください)

BTC_JPY、2018年2月頃、4時間足

逆三尊は、有名トレーダーのKAZMAXさんがよく使っています。

まとめ

「レンジ相場(横ばい)」では、三尊天井・逆三尊はあまり意味がありません。

これらが生きるのは、「トレンド相場」です!

  • 上昇トレンド三尊天井下降トレンドへ転換
  • 下降トレンド逆三尊 上昇トレンドへ転換

↓チャート分析ツールは、今回の記事内でも採用していたbitbankがとても見やすくオススメです。

bitbank

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする