ヒカル事件からの復活なるか…?今ふりかえるVALUの歴史

VALUがリリースされて約半年。

ホリエモン・イケダハヤト・はあちゅうといった、お馴染みのメンバーが大儲けしたり、ヒカル事件で大炎上したり…常に賛否両論を巻き起こしてきたVALU!!

えっ知らなかった…

という人もそれが当たり前!VALUが盛り上がるのはまだまだこれからです!

そこで!!

VALUについて今までよく知らなかったり、最近VALUを始められた人向けに、今までのVALUの歴史を時系列順に振り返ってみます!これを読めばあなたもVALUリリース時から参加していた人と変わらない深い理解が得られます。

VALUについての概要と、これから始めるメリットについてはコチラ

「VALUってそもそもなに?」 「今から始めても遅くないの?」 という人向けに、VALUの基本的なことと、今から始めたらどういう...

VALUリリース前(2017年5月)

VALUがスタートした頃の仮想通貨界ってどんな状態だったと思いますか?

2017年5月、多くのアルトコインが暴騰しました。

それもものすごい上昇率でした。ビットコイン以外の、NEMやMONAなど、メジャーなアルトコインが一斉に暴騰しました。私自身、仕事が終わって資産を見ると2倍になっているといった日が何日もありました。毎日楽しくてしょうがなかったです(笑)

以下、仮想通貨全体の時価総額の推移です。5月に暴騰していることがわかります。

そして、アルトコインの暴騰に仮想通貨界が熱狂する中、VALUのサービスがスタートしました。(2017年5月31日)

「面白いサービスが始まった!」

「とりあえずやってみよう!」

こういう新しく革新的なサービスがリリースされると、しのごの言わずにとにかく使ってみる、アーリーアダプターの方って実はたくさんいます。当然、私も初日から参戦しました!

VALU誕生期(2017年6月頭〜中旬)

リリースしたばかりのVALUを一言で言うと、「儲かる!!」でした。

現在では様々な制約ができていますが、リリース初期はほとんど何も制約がありませんでした。

例えば後に以下のような制約ができました。

  • 前日の75%〜150%の価格の範囲内でのみ売買注文できる(現在は50%〜200%)
  • 同じ人のVALUは1日に1回しか売買できない
  • 1日あたりの売買注文回数は10回まで(現在は30回)

リリース初期はいずれもありませんでした。加えて、みんながこぞって買い注文をするため、ものすごい数のVALUが買われ、ものすごい勢いで価格が高騰していきました。

※当時の1BTC=約30万円

中でもすごかったのは、堀江貴文さんです!

堀江さんのVALUは初値が以下の価格で、最初から高額でした。

1VA=0.2416BTC (約7.5万円)

それがほんの一日程度で、

1VA=1.7BTC (約50万円) まで上がりました!

7.5万円から50万円にアップ、つまり、約7倍です。すごすぎw

倍率でいうなら、イケダハヤトさんもすごかったです。

1VA=0.00417BTC (約1,250円)から0.3BTC程度(約9万円)と一日で約70倍になりました。

このような状況なため、みんなこぞって投機目的でVALUに参加していました。

私も初期の頃は、正直、投機目的の部分が大きかったです(ゴメンなさい、、、

私が購入したものの中で、最も大きな利益をもたらしたのが以下のVAになります。

この人だけでこれだけの価値になりました。

5BTCは当時のレートで言うと、約150万円です。

私はこのVAを買うのに、3万円弱程度のBTCしか払っていませんので、この時点での含み益はこの人だけで、147万円となります。私は堀江さんやイケハヤさんも早い段階で購入していたため、実際、VALUがリリースしてわずか数日で、含み益は200万円を超えました!

私が初期にVALUに入金したのは1BTC (約30万円) ですので、30万円の元手から、わずか数日で200万円以上の利益を手にしました。

(しかし結局ほとんど売っておらず、現在は実質売れないため、最終的な利益は大したことないですw)

こんな感じで、リリース初期のVALUは「儲かる!!」サービスでした。実際、この頃VALUを買っていたほとんどの人は投機目的だったと断言できます。

ただ、その後、VALUのサービスは投機目的を厳しく制限する方向へ向かったため、このような状況は長くは続きませんでした。

VALU成長期(2017年6月後半〜8月頭)

リリースして2週間ほどが経つと、最初のような異常な熱狂は薄れ、徐々に安定へ向かいました。しかし、VALUを上場したい人が殺到し、承認まで2〜3週間待ちという状態でした。

私はリリース直後は「買う側」のみでの参加だったため、少し遅れて自分のVALUの申請をして、自分のVALUを上場させ、売り始めました。

初期はとにかく有名人であったり、ベータテスターから参加している人のVALUが買われていましたが、毎日少しずつ新しいVALUが増えていきました。

そんな中、優待の仕組みをうまく使う方々が現れ始めます。

元々有名人であれば、値上がりが期待できるためみんな買いますが、無名な人がVALUを買ってもらうためには、優待を利用することが非常に有効です。

代表的なのが「くもまる」さん (名前がよく変化しますw)

彼のVALUを買うと、自分のアイコンのイラストを描いてくれるんです。しかも可愛くて独特の世界観!くもまるさんのVALUは人気になり、VALU全体がくもまるアイコンにどんどん変わっていきました。

このように、みんな試行錯誤しながら、優待を設定したり、売り方を工夫したり、運営側も想定していなかったようなVALUの使い方が次々と生み出されました。

売り方について例を挙げると

  • 少数ずつ売り出し、毎回価格を高くしていく
  • 売りたくない人には1VAのみ売り出す

といったやり方が広まりました。

VALUを購入したことをきっかけに、新しい出会いや新しい仕事に繋がって、VALUを通して出会った人のコミュニティがたくさん登場するようになりました。

代表的なfacebookコミュニティ「VALUっていいね!!」

私もVALUで出会った人達とやり取りすることが増え、今まで知らなかった世界が一気にひらかれたような充実感を感じていました。

VALU勉強会に参加した時の集合写真。VALU代表の小川さんも参戦!

このように、VALUは独自の成長を遂げ、ユーザ達にとってなくてはならないサービスへと浸透していきました。

ちなみにこの頃の私のVALUへの参加目的を正直に話すと、出会い5割投機5割でした!

VALUはビットコインとはいえ、お金を払って支援をし合う形のため、twitter等での繋がりよりも強い関係性が生まれます。その新しい出会いから得られる情報や刺激が私の目的の半分でした。

しかし正直、値段が上がって欲しい、上がったところで売って利益にしたいと思って買ったVALUもそれなりにあり、投機目的も半分はあったと自覚しています(ゴメンなさい、、、

そして、そんな平和なVALU界へ、異界から「あの男達」がやってきたのです。。。

VALU炎上期(2017年8月中旬〜9月頭)

「あの男達」とは大物YouTuberです。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで視聴者を伸ばしていた、ヒカルさん・ラファエルさん・いっくんさんが同時にVALUに参戦してきました。

彼らの登場によってVALUが盛り上がる!!誰もがそのように期待していました。その期待はある意味叶うのですが、当初想定していたのとは全く違う形でした。

ご存知の通り、「ヒカル事件」です!

簡単に事の端末を説明します。

  1. ヒカルさん、ラファエルさん、いっくんさんのVALUが同時に上場
  2. 大物の登場で「買い」が殺到!(私も注文出しましたが人気すぎて全然買えませんでしたw)
  3. ヒカルさんが「VALUをめちゃくちゃにしたい」「VALUでトップにいる人達は偽物ばかり」などと挑発的な発言
  4. 価格が上がってきたところで、ヒカルさん達3名は一斉に残りのVALUを全て売却
  5. 「買いたい」需要が追いつかず、彼らのVALUを買った多くの人達が大損(20万円以上損した人も)
  6. その後のヒカルさんの反省のない挑発的なコメントもあって、「詐欺師だ!」「許せない!」という声が続出
  7. 訴えようとする人も出てきて、メディアでも取り上げられ、予想以上の大問題に
  8. ヒカルさん達も事態を収束させたいため、売り出したVALUの買い戻しを実行(しかし、これだけでは既に損切りした人達への救済策にはならない)
  9. VALUに関係なく、以前からヒカルさん達を良く思っていない人達の一斉攻撃は止まらず。ヒカルさんの名前で「コーランを燃やしてみた」という偽動画をアップしたり、実家に着払いで高額商品を送りつけるなど、嫌がらせがエスカレート。
  10. ついには謝罪の動画をYouTubeにアップロード。合わせて上記3名の無期限活動停止を発表。(2017年9月4日)

VALUにヒカルさん達が登場したところから謝罪発表まで全てをリアルタイムで見てきました。正直、期待していたばかりに残念です。しかし、嫌がらせは明らかに度が過ぎていたため、活動停止の判断は正しいと思います。彼ら自身は活動停止中も動画収入は入ってきますし、そのうち復帰することもできるため、個人的にはあまり心配する必要はないと思ってます。

※追記:2017/11/18、ヒカルさんが復帰を発表しました

しかし、VALUにもたらした被害は甚大でした。

VALUの世間一般のイメージは最悪なものに。そして、多くのユーザが離れてしまいました。

このあたりから、VALUは忍耐の期間を迎えるようになります。

VALU忍耐期(2017年9月中旬〜)

新規で上場したVALUを除き、ほとんどのVALUは買われなくなってしまいました。需要よりも供給の方が圧倒的に高い状況です。当然、価格はどんどん下がっていきます。今は、有名人ですらなかなか買ってもらえません。

下図のように、8月以降ずっと価格は下がりっぱなしです。

しかし、そんな中でも、定期的に投稿を更新している人、VALUで出会ったコミュニティを活かしている人、新しく参入してくる人も一定数います。全体的に見ればVALUは冷めてしまったけれども、部分的に見れば盛り上がっているところもあります。何より、大好きなVALUを盛り上げたい!なんとかしたい!という想いを持って活動している人も大勢います。

私もなんとか状況を変えたいという想いから、代表の小川さんやユーザに向けて思いの丈をnoteに綴ったこともあります。VALUの投稿で皆さんから過去最高数の「いいね」をいただきました。

その後もルール改正など、VALUを盛り上げようとする取り組みは様々行われていますが、まだまだ抜本的な解決には至っていません。

※追記:2017/11/15、大物支援家の登場で、流れが変わってきました!

VALUに復活の兆し!? VALUに大型の支援者が出現 VALUに参入/復帰するなら今しかない! ...

まとめ

今までブレークスルーの見えていなかったVALUですが、今回の「分割」「投げ銭」「シェア」機能の実装によって、VALUは明らかに変化します!今後、この記事の中に「VALU躍進期」を加えることができることを願ってます。

これから始める方々も、一緒にVALUを盛り上げていきましょう!!

私のVALUはコチラになります。ウォッチリストに加えていただけたら必ずウォッチ返しします。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※追記:2018/8/8、VALUのiOSアプリがリリースされました!

iOSアプリをダウンロード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 山岸 順 より:

    先日、新宿開催の仮想通貨セミナー(ビットコイン)に参加させて頂き、質疑応答も全く無知な自分でも非常に勉強になりました!

    まだ実際に動けてはいないのですが、投機というよりコミュニティ目的でVALUに挑戦したいと思いますので、今後も種々ご教授お願い致します!
    ※VALUのマイページだけは持っていますので、後ほどウォッチだけさせて頂きます!!