BitMEXの手数料を利用して稼ぐ方法(メイカー手数料、Funding手数料)

仮想通貨FXで、売買の時に手数料がいくらかかっているか知っていますか!?

今回は、手数料を払うのではなく、逆に効率的に貰っていくことで稼いでしまおう!という内容です。

BitMEXで手数料を稼ぐ方法は、2つあります。

BitMEXの取引所はこちら

“メイカー手数料”で稼ぐ!

指値注文を高頻度で行い、同値撤退をすることで、メイカー手数料稼ぎ続けることができます。

メイカー / テイカーの意味は以下

  • メイカー手数料:指値注文をした時にかかる手数料
  • テイカー手数料:成行注文をした時にかかる手数料

BitMEXでは、成行注文をした場合、注文時に手数料を払わなければなりませんが、指値注文の場合は逆に貰えます。

下の表は、ビットコインとアルトコインそれぞれのメイカー手数料・テイカー手数料をまとめたものですが、アルトコインの方が、貰う額支払う額も大きいことがわかります。

メイカー手数料で稼ぐことを狙うなら、アルトコインの方が良さそうですね!

この方法はレンジ相場(横ばいの相場)の時に有効な手法です。

トレンド相場(上昇or下降トレンド)の時には、同じ価格では撤退できないリスクもあるため、注文も適当にするのではなく、相場の大きな方向性に即した注文をするのが良いかもしれません。

実際に同じ値で、「買い」「売り」の指値注文をやってみたところ、ちゃんと手数料分がプラスになっていました。

“Funding手数料”で稼ぐ!

BitMEXでは、日本時間の5時、13時、21時のタイミングで、手数料が発生します。

その時の自分のポジションによっては逆に貰うことができるため、時間になる直前にポジションを持って手数料を貰って稼ぐという手法があります。

(直前すぎると約定しないため、少なくとも2分前には注文したい)

さらに、指値注文で売買することで、メイカー手数料も合わせて稼げます。

資金調達手数料は、-0.375% ≦ -0.001%、0.001% ≦ 0.375%の範囲で設定されていて、ロングポジションショートポジションの比率によってパーセンテージが変動します。

5時、13時、21時の直前に以下のポジションを持てば、手数料稼ぎが狙えます。

  • 資金調達率が+(プラス)になっている時:ショートポジション
  • 資金調達率が-(マイナス)になっている時:ロングポジション

資金調達率は、「取引」ページの左下に記載があります。

下図の場合、「資金調達率が −(マイナス)」のため、手数料決済時間の直前にロングすれば、手数料を貰えることになります。

なお、資金調達率があるのは、ビットコインFXのみです!

アルトコインFXでは発生しません。

この手法のリスクとしては、資金調達率のところのパーセンテージが高くなっていると、Funding手数料狙いで注文する人が増えるため、そこを大口に狙われて、逆の注文をされてしまう可能性があるということです。

まとめ

BitMEXで手数料で稼ぐなら、オススメは以下の2つ。

  • アルトコインFXを指値注文で行い、メイカー手数料を貰う
  • 5時・13時・21時少し前の時間に、ビットコインFXでFunding手数料が貰えるポジションで注文し、さらに指値注文で売買することで、Funding手数料とメイカー手数料の両方を貰う

手数料もうまく計算し、賢く売買していきましょう!

こちらから登録すれば、6ヶ月間手数料が10%割引となります。

BitMEXの取引所はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする