2019年以降に半減期を迎える仮想通貨一覧まとめ

2019年以降に、半減期を迎える仮想通貨の一覧です。

(※半減期の時期は、多少前後します)

半減期とは

半減期とは、マイニング報酬が半分に減ってしまうことで、いくつかのPoW型通貨に見られます。

この半減期が訪れる周期が、通貨毎に違います。

たとえば、ビットコインの場合は4年ですが、リスクの場合は1年です。

そして大事なことは、マイニング報酬が半分になるということは、それまでに通貨の価格が2倍になっていないと、マイナーが割に合わないということです。

つまり、半減期が訪れるまでに、その通貨の価格はほとんどの場合、上昇します。

過去のデータを見ると、半減期の2〜3ヶ月前に高騰する場合が多いです。

それでは、年ごとに分けて、半減期がある仮想通貨を紹介していきます。

合わせて、その通貨を買うためのおすすめの取引所情報を記載しています。

取引所を選ぶポイント

  • 販売所ではなく、取引所であり、手数料が安いこと
  • 日本人が問題なく使えること
  • 取引高が大きいこと

取引高が小さいと、「買い手がおらず、売りたい時に売れない」という事態にもなってしまうので、通貨毎に、取引高が大きい取引所を中心にオススメしています。

2019年

OKCash(OK)

  • 周期:?
  • 前回半減期:2018/3/18
  • 次回半減期:2019/5

取引所は、BittrexUpbitの2つで全体の約98%が売買されています。

Foldingcoin(FLDC)

  • 周期:5年
  • 前回半減期:?
  • 次回半減期:2019/6

取引所は、Bittrexのみに上場しているようです。

ライトコイン(LTC)

  • 周期:4年
  • 前回半減期:2015/8/26
  • 次回半減期:2019/8

取引所の上位は日本人には使いづらいため、手数料安く買える、bitbankがオススメです。

bitbank

リスク(LSK)

  • 周期:1年
  • 前回半減期:2018/10/31
  • 次回半減期:2019/10

取引所は、YoBitBinanceの2つで全体の半分以上が売買されています。

GameCredits(GAME)

  • 周期:?
  • 前回半減期:?
  • 次回半減期:2019/10

取引所は、BittrexUpbitPoloniexの3つで全体の約90%以上が売買されています。

Bittrexは新規の口座開設を中止していることが多いため、Poloniexが一番オススメです。

2020年

ビットコイン

  • 周期:4年
  • 前回半減期:2016/7/10
  • 次回半減期:2020/6

取引所は、BitMEXの取引高が圧倒的に多いです。こちらは仮想通貨FX専用の取引所になります。

仮想通貨FXについては以下でポイントを解説しています。

FX(証拠金取引)と聞いて、何を思い浮かべますか? 大きな損失を出してしまう、リスクが高いというイメージの方がほとんどでしょう...

モナコイン

  • 周期:3年
  • 前回半減期:2017/7/16
  • 次回半減期:2020/7

Monacoinは、日本以外ではあまりメジャーではないため、bitbankの取引高が圧倒的です。

bitbank

ジーキャッシュ

  • 周期:4年
  • 前回半減期:ナシ
  • 次回半減期:2020/10

取引所の上位は日本人には使いづらいため、Binanceをオススメします。

2021年

ビットコインキャッシュ

  • 周期:4年
  • 前回半減期:ナシ
  • 次回半減期:2021/8

取引所の上位は日本人には使いづらいため、Binanceをオススメします。

まとめ

半減期の2〜3ヶ月前に高騰するという現象は、過去に多く見られました。

2019年に半減期を迎える通貨は多いため、今から準備していきましょう。

国内取引所のおすすめは以下

ビットコインなどの仮想通貨を始めたいと思った場合、まず最初に、日本円を仮想通貨に交換する必要があります。 例えば、銀行のA...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする