LINEのDApps「Pasha」の稼ぎ方

LINEのDApps(分散型アプリケーション)サービス第3弾、「Pasha」がリリースされました!

こちらは、身の回りの商品をスマホで撮影し、レビューができるサービスとなります。

現在、iphoneアプリのみで使えます。

アプリをAppStoreからダウンロード

LINEのDAppsの第1弾、第2弾である「Wizball」「4CAST」についてはコチラ

https://masayoshi01.com/line-dapps

現在の収益報告

2018/12/29現在の私の収益報告になります。

LINK Point:0.01

日本円換算:5.0

まだまだ始めたばかりです!

Pashaの稼ぎ方

「Pasha」で報酬を貰える方法は、現在主に3つです。

  • 未登録のアイテムを撮影
  • 「図鑑」を埋める
  • 「今日のミッション商品」を撮影する

未登録のアイテムを撮影

アプリを開いてすぐの画面で、モノをカメラに写すと、アイテムの検索が始まります。

そこで、既に登録されている場合はアイテム名が表示され、報酬も貰えません。

まだアプリに登録されていないモノを撮影して登録すると、0.002LINK Point(1.0円相当)が貰えます。少ない…orz

とりあえず手持ちのリュックを撮影して登録してみましたが、これは一回試したらもういいやとなりますね…

図鑑を埋める

プロフィールページに「図鑑」という箇所があります。

その中に、「〇〇を撮影してみよう!」と指令が書いてあるため、それを一つ一つ撮影して、図鑑を埋めていきましょう!

「日本の紙幣の面と裏を撮影してみよう!」という今回の企画で得られたお金は…0.006 LINK Point(3.0円相当)でした!…これも少ない。。

他の図鑑に載っているプロジェクトを見ても、2.0〜3.0円と超少額のものが多く、稼げるという感じではないですね。

「今日のミッション商品」を撮影する

毎日、AM9:00に、「今日のミッション商品」がLINEのメッセージにて通知されます。

その商品をPashaのアプリで撮影すれば、報酬が貰えます。

報酬は日によって異なり、0.2〜1.0 LINK Point(100〜500円相当)です。

500円くらい貰えるなら、まあ撮影してやってもいいかなという気になりますね、お店までわざわざいくのは手間ですが(笑)

まとめ

現在、Pashaのアプリで稼ぐためには、“「今日のミッション商品」を撮影する”というのが最も効率的です!

ですが、Wizballや4CASTの事例を見ると、ちょくちょくキャンペーンをやって報酬をバラ撒いたりしているので、そういうタイミングで使って、「キャンペーンのタイミングで稼ぐ」というのが最も効果的かと思われます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする