フィボナッチの使い方 〜仮想通貨のチャート分析〜

今回は「フィボナッチ」について。

仮想通貨のチャート分析では非常に多く採用されている指標の一つです。

フィボナッチ数列

フィボナッチの指標の考え方の元になっているのが、「フィボナッチ数列」です。

例えば、以下のような数列です。

「1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, …」

フィボナッチ数列は、以下のような特徴を持っています。

  • 連続する2つの数字の合計が次の数字になる
  • その数字を1つ後の数字で割ると、0.618に限りなく近づく
  • その数字を2つ後の数字で割ると、0.382に限りなく近づく
  • その数字を3つ後の数字で割ると、0.236に限りなく近づく

例えば、上記の例だと、

「1+1=2」「1+2=3」「2+3=5」「3+5=8」…

といったように、連続する2つの数字の合計が次の数字になっています。

また、

「2÷3≒0.667」「3÷5=0.6」「5÷8=0.625」「8÷13≒0.615」

といったように、0.618に限りなく近づいていっています。

その他の条件も同じです。

この「23・6%」「38・2%」「61・8%」「76・4%」といった数値を重要視する指標が、「フィボナッチ」となります。

フィボナッチ比率

実はフィボナッチは、現実世界の至る所に存在しています。

「黄金比」というものを聞いたことはありませんか?

これはフィボナッチ数列に由来していて、「1:1.618」という比率を「黄金比」または「フィボナッチ比率」と呼びます。

これが自然界、芸術作品、歴史的建造物、企業ロゴなどの至るところに使われています。

代表的なものを以下に挙げます。

  • 自然界:カタツムリの貝、松ぼっくりのかさ、ひまわりの種の並び方
  • 芸術作品:ゴッホのモナ・リザ、ミロのビーナス、富嶽三十六景
  • 歴史的建造物:エジプトのピラミッド、アテネのパルテノン神殿、京都の金閣寺
  • 企業ロゴ:アップル、Twitter、TOYOTA

すごいですよね!黄金比は人間が心地よいと感じる、最も美しい比率と言われています。

チャートは、投資家の集団心理によって形成されているため、このような自然の摂理が働くと考えられ、フィボナッチは、世界中の多くの投資家がチェックしているテクニカル指標になります。

フィボナッチの使い方

多数の投資家が注目するポイントでは、同じような心理状態になるため、フィボナッチ比率がとても機能しやすくなります。

フィボナッチ比率が機能しやすいのは「トレンドが発生した時」です。

そのため、フィボナッチの指標は、トレンドが発生した後に使うものになります。

フィボナッチ比率を使ったインディケータは様々な種類がありますが、一番代表的で初心者でも使いやすい、「フィボナッチ・リトレースメント」について説明します。

まず、指標の表示の仕方は以下になります。

インディケータの箇所ではなく、トレンドラインなどに近い箇所にあるので注意!

トレンドの始点と終点をそれぞれクリックすると、自動的に線が引かれます。

線を引いた後に、一度ラインをクリックして、「拡張ライン」という箇所にチェックを入れましょう。

0と1のラインの他に、0.236、0.382、0.500、0.618、0.786のラインが引かれています。

実際に見てみると、何度もこれらのラインの箇所で反発しています。(下図の白丸箇所)

フィボナッチのラインが、サポートラインやレジスタンスラインと見られることが多いです。

サポートライン・レジスタンスラインについて

ローソク足のような、上がったり下がったりの細かい動きの他に、相場には「トレンド」という大きな流れがあります。 ...

初心者にまずオススメするのは、フィボナッチ・リトレースメントですが、

フィボナッチに時間的要素を取り入れ、円弧を用いて予測する「フィボナッチ・アーク」も有名な指標になります。

↑この方が使っている、円弧の指標はコレです。

以下のように、フィボナッチの並びの中にあります。

また、応用として、「エリオット波動理論」と組み合わせてフィボナッチを使うと、さらに効果的な予測ができます。

フィボナッチの指標を使って、重要なサポートライン・レジスタンスラインを見つけましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする