一番高性能なチップは仮想通貨のマイニングマシンに使われる!?

仮想通貨投資をやっている一般の方にインタビューしていく企画です!

今回は、上場企業顧問のSさん(70代男性)にインタビューさせていただきました!!(日時:2018/11/9(金))

仮想通貨を初めて買った時期ときっかけ

ーーー仮想通貨を最初に買われたのはいつで、きっかけは何でしたか?

2018年9月です。

最初は仮想通貨に全く興味がなかったんです(笑)。

昔、ソニーのお偉いさんと仕事で付き合いがあり、ソニーのゲーム機の中央処理装置には中にCPUが8つあると伺いました。

並行処理でできるため、あんなに速くできると言っていました。

ソニーはすごいチップを作りましたが、結局ゲームにしか使いませんでした。

ところがクアルコムは、それより複雑な優れたチップを、マイニングマシンの中央処理装置に使っているとの話を聞きました。

「何で半導体をこんなにたくさん作るのか?」と台湾で聞いたら、

「これはマイニングマシンの頭脳なんだ。あとはメモリーがたくさんいる。そういうマシンを作っている会社が中国にたくさんあり、中国が主戦場だ。」と言っていました。

それで、「仮想通貨とは何物か?」ということが気になるようになり、調べてみたら面白かったんです。

それで、どこかで勉強しようと思って、ネットでずっと調べていて、先生(筆者)のところへ辿りつきました。

ーーー今一番高性能なチップがマイニングで使われているということを知り、仮想通貨を知りたい!と思ったわけですね。

技術に関心が強い方ならではの面白いストーリーですね!

※参考

マイニングのチップとして使われるものには、CPU・GPU・ASICと、大きく3つがあります。

その中でも、ASICと呼ばれるマイニング専用に開発されたチップは非常に高性能で、マイニング報酬を得るためには必須であり、各社が開発に力を入れています。

証券会社に任せていてはお金は増やせない!?

私は、家内が4年前に亡くなっていて、現在1人暮らしをしています。

家内が生前のある時、500万円くらい損をしました。

「(主人に)勝手に(投資を)やっていいよと言われたから、いろいろやってみたら大きな損が出てしまった。だから、私は怖くてもうできない。」と言っていました。

それで証券会社の担当を呼んで、僕が話をしたら、「トータルでは損してない」とかいろいろ言われました。

その時、証券会社の人の話を聞いて、「ここで金儲けはできない」とはっきりわかりました。

もう少しで家内が亡くなってから5年経つのですが、ちょうどいろいろな契約が切れます。

そこで、現在は銀行に預けても(金利が低すぎて)意味がないですし、次の投資先を検討していましたが、今から仮想通貨を勉強していればちょうどいいかなと。

大儲けするつもりもないですが、(高齢者のため)頭の体操という意味も含めて、これをやろう!と思っています。

ーーー素晴らしいですね。さすが、上場企業のトップになられた経験を持たれてる方だけあって、高齢になっても、さらに学んでいこう!とか、先のことをよく見られていたりとか、すごいなと思います!

同年代で仮想通貨を始められる方へ

ーーーこれから仮想通貨を始めたいと思っている同年代の方にアドバイスはありますか?

同年代の方は、何も勉強しないで仮想通貨をやったら大損します。これは言っておかないといけない。

※関連記事

「儲かると聞いて仮想通貨投資をはじめたのに、大損してしまった」 「ハッキングに遭ってお金を取られた」 「仮想通貨の詐欺に遭ってし...

やはり、自分で知識を得てからやるべきです。

それも、生半可ではなく、ちゃんと自分で調べたものを(信頼できる知識が豊富な方に)聞いて、評価してもらったりしてください。

少なくともパソコンとスマホの両方を用意してやるのが良いと思います。

オススメの仮想通貨は?

ーーーおすすめの通貨を教えてください。理由も一緒に。

NEM(XEM)です。

僕が知っている中で一番健全性があると感じています。

(コインチェックの事件で)ハッキングされましたが、逆にしっかりしていることが(調べてみて)わかりました。

理想的な考え方に基づいてやっていますし、提携の話もあるし、財団なども含め、信用があるなと。

※関連記事

2018/1/28(日)に開催された、NEM公式ミートアップin東京の基本編の登壇資料をベースに、NEMの基本について説明します。 ...

ーーー本日はありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする