取引所のサーバーダウンはあり得ない!元銀行システムエンジニアが語る

仮想通貨投資をやっている一般の方にインタビューしていく企画です!

今回は、元銀行システムエンジニアのMさん(50代男性)にインタビューさせていただきました!!(日時:2018/11/9(金))

仮想通貨を初めて買った時期ときっかけ

ーーーそもそも、仮想通貨を最初に買われたのはいつで、きっかけは何でしたか?

2018年3月末です。知人の塗装会社の社長が2年前から仮想通貨投資をやっていて、3月中頃に会った時に、「仮想通貨で数千万円の利益が出たよ」という話を聞いたことがきっかけです。

↑仮想通貨の高騰で莫大な資産を築いた人を「億り人」と呼ぶ

仮想通貨というワードは、2017年末から聞いていましたが、通貨としての裏付けがないため、子供銀行のおもちゃのお金と一緒だと思っていました。

みんなはいったい何を買っているの?という疑問を持っていました。

ーーー現物がなく、バーチャルなお金であるから、具体的にイメージしづらいかもしれませんね。

ほんとに、需要と供給だけですよね。

仮想通貨取引所のサーバーダウンはあり得ない!

言いたいことがあります。

ーーーはい、どうぞ。

Zaifでよく見られた「502のエラーメッセージ(サーバーダウンで一時的にアクセスできない状態)」のようなものは、銀行ではあり得ない。

仮想通貨取引所では、なぜ銀行と同じもの(安全性が高くアクセス障害も起こらないシステム)が作れないのか、不思議でしょうがないです。

銀行(のシステム)の場合、事前にあらゆるケースを洗い出して、全てテストします。ここまでやる必要あるの?という程に。だから障害は起こりません。

ーーー私も会社員時代、最初の配属先が巨大なネットワークの一部分を担う形の業務でしたが、商用(お客様が使う)のネットワークで障害を起こすと、担当者は社内で吊し上げられるという感じでした。社内で使われるネットワークなら障害が起きても何とかなるけど、商用で障害が起きるとヤバイ。

銀行のシステムにしても、通信会社のネットワークにしても、本来は絶対にシステムダウンなど許されないですが、仮想通貨取引所はそうでないのが不思議でしょうがなく、なんでこんなにシステムやセキュリティが甘いんだ!?と思います。

ーーー今まではベンチャー企業が取引所の運営を行なっていたため、なかなか難しい部分もあったのかもしれませんが、今はマネックス、LINE、DMM、SBIなど、大企業がどんどん仮想通貨取引所に参入してきているので、今後は変わって行くことを期待しましょう!

銘柄選びのポイントは?

ーーー仮想通貨の銘柄選びついて、ポイントは何だと考えていますか?

これからは、決済速度がはやいということはあまりウリにならないと思っています。

リップルの”数万件/秒”という送金速度は他でも実現できるようになってきています。

だからこれから、仮想通貨の銘柄選びをする時に、何が評価されて買われるのか?ということがわからないです…

ーーー単純に速度勝負だけではたしかに厳しそうですね。たとえばRippleでは、速度だけでなく、送金時の手数料が安いというのも評価されていますよね。そこが他の送金インフラと比べてどうかですよね。

※関連記事

リップルが熱い!! どこを見れば、価格の高騰を捉えられるのか!? リップルの基本から順に説明していきます。 ...

もっと根本的なところで、革命的なアイディアが出てきたら、そこの一人勝ちになるのではないかと思ったりします。

ーーーたしかに、似たようなことをどこもやってますよね。スマートコントラクト型の通貨なんかもたくさんあるし…

例えば、イーサリアムを使って作ったアプリを急にNEOに変えるようなことはできないので、差があまりないなら、先に採用された方が優勢で、スマホのOSで、iphoneとAndroidがトップ2みたいな状態になるのかもしれないですね。

引用:XERA

仮想通貨をやって良かったこと

ーーー3月に始められて、現在11月ですが、仮想通貨をやってみて良かったことはありますか?

今年は単純に右肩上がりの市場ではないので、チャート分析の勉強をできたことが良かったです。今まで興味がなかったので。

為替の話で、1ドルがいくらかというところも気にするようになりました。

※関連記事

チャート分析って難しそう!? そんなイメージを持っていませんか? チャート分析は、一つ一つ抑えていけば誰でもでき...

仮想通貨の価格の上下が気になってどうしようもないという方が時々いますが、僕は、仮想通貨の価格の(短期での)上下はあまり気にならないです。

高値づかみをやるのも、価格が上がったから自分もやらなきゃ!?と思って買っちゃうわけでしょうが、その心理も理解できない。

※関連記事

「儲かると聞いて仮想通貨投資をはじめたのに、大損してしまった」 「ハッキングに遭ってお金を取られた」 「仮想通貨の詐欺に遭ってし...

ーーー仮想通貨市場には、技術寄りの方と投資寄りの方がいらっしゃいますが、元々技術寄りの方は、そういう価格に興味がないという人も多いですね。

モナコインを初期から持っている人はほとんどギーク寄りの方なので、価格の上下を気にせずに仮想通貨払いをされるということをモナバーのオーナーも話してました。

※関連記事

モナバーのオーナーに、お店を数ヶ月運営して感じたリアルな話を聞いてみました! (訪問日:2018/10/12(金)) \&#...

はじめた時期が今年のような(相場が不調な)タイミングなので、短期で見てもダメだと思っています。

昨年は年末年始で上がったから、今年も年末年始で上がるのではないかと期待している人が大勢いるみたいですが、本当にそう?と思ってしまいます。

ーーー今まで2011年と2013年にもビットコインの価格が昨年のように高騰しましたが、その後暴落し、価格が復帰するまで数年かかってますしね。

※関連記事

2008年10月31日。 同年に起こったリーマンショックからまだ世界が立ち直っていない頃、一つの論文が世界を騒然と...

ということで、私はリップルをしばらくガチホして、将来を楽しみにしていようと思います。

オススメの仮想通貨は?

ーーーオススメの通貨は何ですか?理由もお願いします。

「Ripple(XRP)」は実際に買った後も値動きが良かったですし、買って良かったと思ってます。

他には、中国版リップルと呼ばれる「Wanchain(WAN)」「Zipper(ZIP)」のような通貨も値動きが大きく、期待しています。

特にZipperは、内容は良いがマーケティングが下手という状態に見えるので、今後そこに力を入れてくれれば、期待できるのではと思っています。

ーーーリップルと同タイプの通貨ですね!

本日はどうもありがとうございました!

↓リップル(XRP)を購入するなら、手数料ゼロで、世界最大の取引量を誇る「bitbank」がオススメ!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

Wanchain(WAN)はBinance、Zipper(ZIP)はOKEXで購入できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする