仮想通貨の配当の実績を公開!(NEM、NEO、リゲイン、FT)

配当がもらえるタイプの仮想通貨について、実際にどれだけ配当があったのか、その実績を公開します!

配当型の仮想通貨については、こちらで説明しています

「株のように配当をもらえるタイプの仮想通貨ってありませんか!?」 価格の上下だけではなく、配当によって定期的に収益...

NEM(ハーベスティング)

まずはNEM(通貨名はXEM)から!

Nano Walletに数万XEMを入れて、約1年間でどれくらいのハーベスト報酬を受け取れたか。

結果はコチラ!!

ブロックの数字が低いほど古く、高いほど新しく分配されたものになります。

ほとんどが1XEM未満ですね。。

1XEM=10円だと、0.2XEMは2円にしかなりません。

2017年末〜2018年頭にかけて、1XEM=約200円の頃に20XEM振り込まれた時は、1度で4000円という美味しい金額になっていたのですが…

やはり、XEMの価格とXEMの送金の頻度という点で、現時点ではまだまだ少なく、今後XEMが盛り上がってくる時までは我慢ということになりそうです。

約1年間で、ハーベスト報酬として得られたXEMの合計は、29.9XEMでした!

※分配金額はその時によって異なり、運良く大きめの額を分配される人もいるので、あくまで一つの参考として見てください。

もっとNEMについて知りたい方はコチラ

2018/1/28(日)に開催された、NEM公式ミートアップin東京の基本編の登壇資料をベースに、NEMの基本について説明します。 ...

NEO(GAS配布)

続いてNEOのGAS配布について!

15NEOを「NEON Wallet」に約5ヶ月間預けていた結果が以下になります。

結果は、約0.65GASでした!

NEOやGASの価格が下がってしまっているので、380円くらい。

27,000円程度のNEOを5ヶ月預けて、380円の配当がありました。

平均すると、月利で0.3%程度ということで、元々聞いていたよりも低かったです。。

価格が変わらないとすると、銀行口座に預けておくよりも利率はいいですが、

NEOやGASの価格が変動するので、下落相場の時に預けていると、今回のように思わしくないパフォーマンスになってしまいます。。

(実際、最初にNEOをWalletに入れた時は、価格はもっと高かったです)

今回はNEON Walletを使っていますが、BinanceでNEOを買ってそのまま置いておいてもGASは配布されるので、配当型タイプの通貨の中では、NEOは初心者にオススメです。

海外取引所の中では一番オススメの取引所、Binanceについて解説します! 【Binanceの登録画面はこちらから】 ...

REGAIN(マイニング報酬)

ビットコインのマイニング報酬が分配される、リゲインについて!

リゲインには、REGRSCの2種類のトークンがあります。

私は、2018/6/1〜30に行われた「クラウドセールSC」で、実際に約2RSC分購入しました。

1RSC=500USドル のため、2RSC=1,000USドル(約11万円)分です。

(※当時のレートで、約0.149BTC分)

マイニングマシンの稼働開始が2018/8/15からで、9月以降に毎月配当を受け取れるとの内容でした。

月利10.5%ということで、高すぎる報酬に疑念も抱きながらの購入でしたが、果たして、結果はどうなったか…!?

結果は、以下のように、8月分(初月は半月分)、9月・10月分(各1ヶ月分)がちゃんとアカウントに反映されていました。

ということで、現状はちゃんと配当が配られています。(一安心…)

…が、10月分から収益率が落ちてきているのでそこは要注意ですね。

REGトークンの「ステージ3」での報酬もちゃんと配られています。

0.149BTC分を買って、既に0.02BTC分の報酬が配られているため、これが続くのであればかなりの高配当ですね!

2018年12月に取引所への上場も決まっているということで、今後も配当がちゃんと配られ続けるかどうか、引き続きこちらの記事でレポートしていきたいと思います!

※REGAINはICOを終了したため、現在は、上場待ちの状況

FCoin Token(取引所トークン)

配当型の取引所トークンである、FTについて!

2018年の7月後半に、約3,830FTを購入してから、3ヶ月間での配当実績が以下になります。

(※赤枠は「FT」)

FT以外にも、上図のように、様々なメジャー通貨の配当を受けていますが、どれも超少額ということで、FCOIN取引所の取引量が少ないことが見て取れます。

合わせて数千円程度ですね。

数万円のFTを買って数千円の配当と聞くと悪くない感じですが、FTの価格が右肩下がりで、投資金額から考えると減ってしまっています。。

結論、現在はあまりオススメできるものではありませんが、今後のFCOIN取引所の盛り上がり次第では、大きな配当を得ることができる可能性がある、ということになります。

まとめ

配当型の通貨は、価格の上下だけでなく、通貨量を増やすことができるという点で非常に魅力的ですが、ほとんどの配当は少額で、価格そのものが下がってしまうと、いくら配当を受けても含み損となってしまいます。

「長い目で見て、配当型通貨で少しずつ通貨量を増やしていって、仮想通貨市場全体がまた盛り上がるタイミングで恩恵を受ける」という考え方が良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする